せどりに挑戦したので売上報告してみます【メルカリ】

この記事は、2020年6月に筆者が転売目的で仕入れた商品を販売した結果について綴ってあります。

本来であれば、Amazonの出品アカウントを6月1日に開設し、晴れてAmazon sellerの仲間入りをする筈だったのですが、アカウント開設した瞬間から規約違反宣告を受け、凍結されるという壁に阻まれました。

※アカウント維持費は当然支払い。

この件については、今後の進展とともに別記事で詳しく綴っていくこととします。

さて、使えるものを捨てられない私は、要らなくなったものを販売するために数年前からちまちまとメルカリに取り組んでいました。

地道に向き合ってきて、その実績は100件程度。

それなりに真面目に取り組んでいたこともあり『24時間以内発送』の称号もメルカリから頂いています(そんなものがあるとは知りませんでしたが)。

早速ですが、楽天で仕入れた商品をメルカリで販売した結果は以下の通り。

※引落額にはポイント還元が含まれないので、引落額との間に差が発生しています

今回は運よく利益率のいい商品を仕入れることができたため、このような結果になっていますが、来月も同じようにいくとは限らないので引き続き質のいい仕入れをできるようにリサーチを続ける必要があります。

利益率の高い商品は仕入れ競争も激しいので、できる限り入荷情報のアップデートについていきたいところです。

Amazonで販売する用としてアカウント開設直前に仕入れていたものがあったため、1週間くらい問い合わせ等のやり取りに時間を割いていましたが、どうもすぐには解決できそうにありませんでした。

途方に暮れていたものの、気持ちを切り替えてメルカリに出品したのです。

上記の結果だけみるとうまくいっているように見えますが、このデータは回収できた分の仕入れを逆算したものですので、売れていない商品の仕入れ額は含まれていません。

仕入れたものが1ヶ月ですべてなくなるほど、仕入れは甘くないですね。

また、Amazonで売れるからといってメルカリでも売れるかというとそういうわけでもないところが面白いところでもあります。

Amazonの場合は、つい先日の2020年6月末までモノレートという素敵なサイトがあったのですが、Amazonの規約に反するということで残念ながら閉鎖してしまいました。

とはいえ、メルカリにはそもそもそういったアイテムがありませんので、あまり関係ないのですが…

出品状況を自分でリサーチしていくこととします。

広告
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中