中国留学で使える meetupで得られるものとは【使い方3選】

中国留学

この記事では、ミートアップでできることとそこから得られるものについて簡単に書き下ろしたものです。

学生の時、留学先で日本人の社会人の方々とお会いできれば、それは貴重な経験になります。

海外に行けば、たいがいフリーペーパーがありますよね。あれも誰か新しい人と知り合うための情報を入手するきっかけとなりうる情報媒体です。

慣れない土地に行くと、インターネットが思うようにいかないこともあるものです。

そんなときこそ紙媒体が力を発揮するので、決して侮ってはいけません。

スポンサーリンク

Meet Upの使い方とは

上海での留学当時、休日は主にmeetupを使って生活していました。

中国人や日本人はもちろん、いろんな国の人が集まる空間で私もおすすめです。

さて、このmeetupの使いやすさといえば、

  • 時間が決まっており、予約制なので予定が組みやすい
  • 誰が来るのかも一応見れるので、アウェイに対する怖さは半減
  • 新しいイベントについての通知が来る。

他のアプリは試したことがないのでわからないのですが、こんな具合で使いやすくなっています。今は上海にいませんが、今でも上海の情報が入ってきますね。

もし他の国や都市に移動されたのなら、設定を変えるだけで届く情報もリフレッシュすることができます。

私の場合、具体的に何に使っていたかというと以下の3つです。

  • 英語・中国語を話しに行く
  • 趣味のダンスをしにいく
  • 日本人の社会人の方を探して働くことについて聞いてみる

それぞれ目的が違うので、会う人も当然変わりました。

当時どうして社会人探しに躍起になっていたのかまではっきりとは覚えてないですが、そうやって休みの日が来るたびにいろんなところに足を運んでいると、いつか何度も足を運ぶようになっている場所を見つけることができるんです。

居場所探し』みたいな感じですかね、今一言で表現するなら。

だからもちろん一回しか行かなかったところもありますし、一度しか会わなかった人もたくさんいます。上記に挙げているダンス(サルサですが…(笑))に通うことにしたのも、そうやって積み重ねた結果なんですよね。

そこに行けば、欧米人だって中国人だって、もちろん日本人もいたので。

(サルサなのであまり参考にならないかもしれませんが…)

スポンサーリンク

語学の練習ができる集まりを探す

日本にいるときは「いやいや…朝活なんて”意識高い系”」みたいに斜めから見ていた時期もありましたが、朝早くからカフェに出かけるのも案外悪くないものです。

日本にいるときは、積極的に発言することが憚られることがありませんか?

  • 本当はもっと練習したいけど、下手なのを聞かれたくない…とか
  • 授業でもみんながしてないから、自分だけ積極的に発生に取り組むのがなんかきもい…とか

こういうのって自意識過剰な自分も見直す必要はもちろんありますけど、実際たまにいますよね、前向きに取り組んでいる人のことを悪く言う人って。そんな人とは距離をとるだけです。

中国人と話をしているとやっぱり語学力すごいなって思うときが来ると思いますよ。日本人と違って周りの目を気にせず会話をしているからどんどんうまくなっていくんですね。

留学先では、そんなことを気にすることなく言葉の練習ができる環境が整っている以上、そんな言い訳はできません。もしそれでも取り組めなかったなら、自分のなかに違う問題が潜んでいるかもしれないのでそれと向き合うか、やり方を変えるべきです。オンラインレッスンなんかを受講したらいいんじゃないかなと思います。

meetupで出会う人たちの前では、へたくそな自分の語学力を恥ずかしがることはないです

スポンサーリンク

好きなこと・新しいことをできる空間を探す

もともと会話が少ないっていう悩みを抱えている人はいませんか?

そんな方は、好きなことを通して何かのコミュニティに入るか、仕事を通して会話せざるを得ない環境を自分で作るしかないです。

興味で語学を選択してしまったものの、自分はそんなに人とコミュニケーションをとる人間じゃないことに後で気付いた…みたいなパターンってあると思うんですよ。

一見オワコンそうに見えますけど、全然そんなことはないです。

話さざるを得ない環境に行けばいいだけです。

meetupでは、新しい趣味を見つけたり、新しい趣味仲間を見つけたりすることができます。

ついでに語学を伸ばせるなら一石二鳥ですよね。

ただし、知合いたてにありがちな自己紹介だけで会話が終わらず、もっと違うことを話せるかどうかは日頃の生活ぶりで変わってきます。

何か疑問に思ったことがあったら、スマホに都度メモするようにしておくといいんじゃないかなと思います。

スポンサーリンク

働く日本人の方を探す

中国で語学留学をするなら、現地で働いている日本人の方とつながることをおすすめします。

ただし、貴重な時間とお金を割くことになるので、将来つながるかどうかを考えるのもある程度頭に入れておかなければなりません。

*先を見越し過ぎるのもどうかと思いますが

惰性でとりあえず何かに参加しても時間の無駄ですよ。

上海に住んでいる外国人は実に15万人程度といわれており、近頃人口増加に陰りが見えているようです。そのうち、日本人が占める割合はおよそ30%ですので、いろいろな人と会う可能性を秘めているといえます。

私が当時知り合った方には

  • 高校卒業してすぐに上海の大学へ進学し、そのまま現地採用
  • 日本で卒業し、上海で現地採用
  • 日本で就職し、上海に出張・駐在

こういった方々がおられました。

みなさんのそれまでの道について詳しく聞き漁ったわけではありませんが、いくつかの道があるということや、それぞれのいいところ悪いところを質問することができるのです。

留学を終えた後に自分がどうしたいのかを決めるのにいい判断材料をゲットすることになります。

今では割と当たり前のように言われていますが、

仕事ができる=”語学ができる”ではないですからね。

通訳とか翻訳が仕事なら話は別かもしれませんが、基本的にはおまけです。

就職のことなどわからないことがあったら、働いている人に聞いてみましょう。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました