中国 有機製品に注力、認証2万件

エネルギー

中国の《全国郷村産業振興推進会》では、緑の産業を育成し、高品質の農産物の供給を増やすため、有機製品認証の仕組みを導入している。

現在、中国では12,000社の企業が有機製品認証を取得しており、その数2万件以上、生産高は1,323億元に値する。これは日本円にして、およそ2.1兆円である。*1元≒16円で計算

32ヵ所もの貧困地域で有機産業エリア開発を支援し、この認証制度を通じて農産物の販売チャネルを拡大することに注力する。

中国は農業に関する3483項目の国家基準、6467項目の産業基準、21088項目の地方基準をもっており、投入コスト、生産・加工・物流といった分野をカバーしている。

4540ヵ所の国家水準試験区域、6000ヵ所以上の省水準試験区域を設け、それは2000以上の郡(地域、都市)に及ぶ。

食料・家畜・水産物・野菜・果物・その他の農産物を含む、農村産業全体を標準化できるよう活動を促進していく。

2019年7月15日、人民日報の記事をもとに編集。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました