中国の地方都市が夜間経済を狙う

  夜間経済発展と秩序を保つため、各地域の自治体が「夜間区長」として先頭に立つ。「夜生活主席執行官」としてマネジメント経験を持つ人材の公募をおこない、「夜間区長」の仕事を担う。

夜間経済を更に発展させるため、多くの都市が政策を出し、その仕組みづくりを模索中だ。

夜間は重要な消費期間である。夜間経済は新たな消費を生むための重要な手がかりとなるだけでなく、人々がより良い生活を過ごすため必要な選択でもある。

ただし、夜間経済が都市に活力と経済成長の新しいチャンスをもたらすには、各都市の行政に対してより高い水準を求める必要がある。

夜間消費の「選択肢」がより豊かにするには課題も多い。

消費者や深夜勤務者が移動するための交通手段をより便利にできるのか?

近隣の睡眠を妨げないよう、騒音や煙などを管理するにはどうしたらいいのか?

夜間経済の発展を考えることは、経済だけでなくその都市の政治の課題でもある。 夜間経済を育むには、行政だけでなく社会全体が参加すべきだ。

2019年7月15日、人民日報の記事をもとに編集。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました