世界最大の水素生産国:中国 まだ初期段階

スポンサーリンク

中国各地で広がる水素ステーションの動き

エネルギーの安全性や環境保護の圧力から、水素エネルギー開発は既にエネルギー転換の話をするうえで当たり前のものとなっている。

中国政府が活動報告書のなかに水素エネルギーの項目を追加して以来、水素エネルギー産業は資本市場・産業経済が注目している。

中国の水素エネルギー産業は初期段階ができつつあるものの、全体的な設計・技術・産業支援など急いで取り組まねばならない。

近年、水素エネルギーは国内各地で注目され、多くのプログラムが立ち上がり、産業開発が加速している。

【上海】2025年までに50の水素ステーションを建設し、乗用車は2万台以上、その他車種は1万台以上を整備すると提案中だ。

【佛山】今年10か所の水素ステーションを稼働させ、公共バス1,000台を水素バスにして実証運転するという目標の達成を目指す。

【武漢】2020年までに5~20カ所の水素ステーションを建設し、燃料電池車の実証運転規模は2,000~3000台に達する計画だ。

スポンサーリンク

年々増加する燃料電池車輛

業界の専門家は以下のように語っている。

『水素エネルギーは幅広いメリットがある。貯蔵・多用途・大気汚染ゼロ・高密度なエネルギーという特性を持つため、電気、暖房、車両燃料としても活用することができる。

また水素の安定性を利用することで、再生可能エネルギーを通じて水素を製造し、不安定な再生可能エネルギーを安定にできる。』

国際水素エネルギー協会の毛宗強(マオ・ゾンチアン)副会長は、以下のように述べる。

『水素エネルギー密度はガソリンの3倍、リチウム電池の130倍。これこそ水素エネルギー燃料の割合を増加させている。』

統計によると、現在の国際水素生産量は約6,300万トン、中国の年間水素生産量は約2,200万トン。水素生産量の3分の1を占め、世界最大の水素生産国となっている。

水素エネルギー・燃料電池分野では、中国は当初、基礎研究から実証研究、水素エネルギー産業チェーン全体のレイアウト、水素製造、貯蔵・輸送、充填、応用、その他4つを網羅する総合的なパターンを形成してきました。

水素製造を例にとると、主に炭素化、天然ガス、メタノール転換、加水分解などの水素製造方法が挙げられる。

今後、「再生可能エネルギーと加水分解による水素製造」が、大規模な水素生産のトレンドとなる見込みだ。

同時に、中国の燃料電池車の生産が年々増加した。

国際水素エネルギー協会のデータによると、2017年に中国で8ブランド、10車種の燃料電池車が生産され、2016年比102.2%増の1,272台が生産された。

2018年、中国の燃料電池車の生産台数は、特殊車両909台、バス710台を含む1619台に達した。

スポンサーリンク

国家レベルの計画が難しく、業界の足かせに

「中国は資源基盤が豊富な最大の水素生産国だが、国レベルではいまだに水素エネルギーに対する姿勢を明確にしていない。水素は、新エネルギー自動車産業の発展の一部に過ぎないため、全体的な設計と戦略が欠如しているといえる。』

余卓平(ユー・ジュオピン、Yu Zhuoping、中国水素エネルギー連盟専門家委員会委員長)氏はこのように述べた。

対して、日本、ヨーロッパ、韓国、オーストラリアといった国々は水素エネルギー産業のロードマップをすでに公布している。

北京低炭素クリーンエネルギー研究所は、国家レベルの設計が非常に重要だと指摘している。

20近くの省や都市がその計画を発表しているものの、中国全体における戦略はいまだ発表されないため、中国の水素エネルギー産業の開発に影響を及ぼす可能性がある

『現在、インフラ設計が燃料電池車を発展させるにあたって一番ネックになっている。水素化ステーションの建設基準や政策など、管理部門も明確ではない。

これまでのところ、上海、仏山、武漢、如皋といった都市は、水素化ステーションの主管部門や承認プロセスを明確してきたが、国家レベルではまだ明示的に規定されていないという。このため、水素ステーションの建設が滞っている。』

と業界関係者は述べる。

2019年7月8日、中国経済網の記事をもとに編集。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました