中国映画業界が直面する新たな課題とは

金融・経済

2019年6月18日、環球網の記事をもとに編集。

スポンサーリンク

オンラインコンテンツという課題

  最近のキャッツアイのデータによると、2019年1月から5月にかけて、中国の映画部門の興行収入(サービス料を除く)は249億4100万元で、前年比6.35%減少した。

2019年1月から5月までの映画鑑賞者数は6億8900万人で、2018年1月から5月の1億人に比べて少なかった。

中国映画の興行収入と映画鑑賞者部門が同時期に減少したのは、2011年以来初めてだ。

中国メディア大学文化開発研究所の王青亦教授も、この現象はインターネットビデオ料金や会員制の改善にかかわると考えている。

「今日では、ネットの動画を通じて映画を見るコストははるかに低く、映画館に行く必要はもはやないため、映画鑑賞者の数も減っている。

政策の話になるが、しばらく前に国家税務局が交付した「仕事に関連する映画およびテレビ業界の納税義務標準化に関する通知」、必然的にいくつかの映画プロジェクトの運営に影響を与えるだろう、と述べた。

Ciwen Media Groupの副社長であるZhao Bin氏は、売上減少は2つのことを示していると指摘する。

  • 効果的な統合措置の下で、今までのデータボックス(クラウド便など)のトラブルがある程度抑制されている。
  • シネマ映画の品質に匹敵するオンライン作品も増加しているため、シネマ映画の開発にも課題がある。
スポンサーリンク

増加が期待される興行収入

近年、中国の映画製作は好調な動きが続いている。

データによると、2012年~2018年で中国の映画製作は893本から1082本に増加した。そのうち、新しい作品は504部。

TOP10~20の映画は、年々興行収入の増加が増加している。映画産業は生産収縮期に入っているとはいえ、長期的には映画産業が落ち込むわけではないだろう。

「一部のプロジェクトは中断され、資金調達が困難になることも増えるでしょうが、それらは一時的なものにすぎない。中国の映画産業はさらなる進化をすることになるでしょう。 王青亦氏がこう指摘する。

業界の一部の人々は、今後3年間、中国の映画産業は良好な開発傾向を維持し続けると考えている。

1級、2級都市と比較すると、3級、4級の都市では、一人当たりの映画鑑賞量は成長の余地が大きい。

3~5級都市のチャンネル基盤は徐々に改善し、立てたばかり映画館も初期の育成期を過ぎると、1級、2級都市と比較しても徐々にチケットの価格に変化が現れるでしょう。

出典:人民網の記事をもとに編集。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました