中国、いよいよ5Gを商業化

IT技術

2019年6月8日、人民網の記事をもとに編集。

スポンサーリンク

中国が5G営業ライセンスを発行

中国が5Gを商業化することに、世界中が注目している。6月6日、開発省は4つの企業に5Gライセンスを発行し、中国の5G 開発へ積極的に参加する外資企業を歓迎した。

5Gライセンスの発行は、中国が正式に5G商業化元年を迎えることを示す。5G の共同構築と共有を加速し、5Gの応用を深めることで、さらなるスマート機能やデジタル化、高度な経済発展がさらに促進されることになる。

世界中の5G 産業が発展するためのマイルストーンとなる。中国は世界最大の移動体通信市場であり、5G産業の発展に大きなチャンスをもたらす。中国の5G構築やアプリケーション開発も、世界へ効率的で信頼性の高いプログラムを提供することで5G産業の模範となり、人類にとって莫大な価値をもつ。

今回の発表は、5G業界が発展するためのカギとなる。新しい情報インフラの中核として、世界各国が5G構築と開発を重視し、積極的に取り組んでいる。5G構築が本格的に展開され、スマホなど最終製品の導入・量産も加速すると、世界の通信企業が巨大な市場を創出していく。

スポンサーリンク

中国はすでに基盤が整いつつある。

今まで政府が5Gを活用していたこともあり、ある程度優位な環境を持つといえる。5Gの開発には、標準規定や技術研究開発、流通網構築、マーケティングなどの3分野において、中国は今のところ半歩先を歩いている。

世界的に公表されている5Gについての声明が求める水準において、中国企業は必要な特許の30%以上をクリアできており、今のところトップである。同時に、中国の5G中周波システム機器、simカード、スマートフォンは、世界で初めての産業分野です。

昨年末には、3件の事業者が、ある5Gのライセンスを取得し、大都市で試験投入を行っている。 中国は、サプライチェーンの上流と下流が一緒になって5G市場を建設していく必要がある。社会資本を効果的に活用するために、5G構築に参加したり、開発成果を共有したりすることで、5G基地局という資源を最大限に共有すべきである。

出典:人民網の記事をもとに編集。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました