石炭の時代は終わり?中国の大気汚染の今

エネルギー

「石炭発電の切替え」状況調査: 7万近くの村人を調査。環境問題が460件。

2019年6月10日、人民網の記事をもとに編集。

スポンサーリンク

中国北部の石炭事情を改善するのが重要

先日、環境省は、《2019~2020年青天保衛線》のポイントは、継続的に支援を強化することと発表した。5月22日~6月4日の間、各組織が石炭発電から切替え中の村・35,948ヵ所、67,405世帯を引き抜き調査し、企業については9523件となった。

完了した調査は3239件だが、そのうち460件は環境的に問題があると分かった。

ガスに関連する環境問題の発見からみると、北京、天津、山東、河南省などの省 (都市) における「石炭発電の切替え」の業務量が多く、特に集中しているのが河北省321件、山西省90ヵ所となった。

北京、天津、河北およびその周辺地域、汾渭平野の各重点地域における「石炭発電の切替え」の現状と課題を十分に理解するために、環境省では、進捗管理と電気エネルギーの供給網整備の支援を通じて、「石炭発電の切替え」を専門的に強化している。

環境省は、現場のモチベーションを維持するために工夫を凝らし、新しい進展を生み出すために監督を強化している。地方自治体や関係部署は、現地の状況に即した規制を設け、科学的な知見に基づく施策をとることで、冬になってもきれいな空気で暖をとれるように取り組む。

出典:人民網の記事をもとに編集。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました