Huaweiなど中国企業が欧州5G構築に関与することを禁止?

ファーウェイ問題

2019年6月8日、新浪新聞の記事をもとに編集。

【要旨】中国企業が欧州に協力できなくなれば、欧州の5G構築は1年以上遅れを取り、多額の損失をすることになる。

スポンサーリンク

禁止されると、中国も欧州も困る

米国は Huawei に対して不当な行動をとり、欧州諸国が5G構築をするのにファーウェイが関与しないよう強制している。ファーウェイのような中国企業が受ける損失は壊滅的。数日前、権威ある国際機関は620億米ドルという予算を提示した。

AFP、ロイター、ブルームバーグといったメディアの報道によると、通信業界の三大国際組織のひとつであるGSMAは「もしHuawei、ZTEなどの中国企業を5G構築から排除したら、欧州通信企業は620億ドル (4287億元相当) を支払うことになる」と警告した。

それだけでなく、欧州の5G構築期間は一年半 に延長されたため、5Gが普及するには米国との間に遅れが出てしまう。

世界750以上の携帯通信事業者を代表するGSMAは、

EU 諸国の通信供給市場においてファーウェイやZTEはシェアの約 40% を占めているという評価に注目し、ファーウェイは現在「5G 技術のパイオニア」と評価している。

スウェーデンのエリクソン、フィンランドのノキア、韓国のサムスンをはじめとする中国企業のライバルたちは、北米やアジアでの契約を履行することも、欧州の3G・4Gを構築する能力も持っていない。

これが意味するところは、もしファーウェイやZTEを使用できなくなれば、莫大なコストと大幅な遅れを生むことになる。

「中国メーカーの禁止は、通信市場での競争を著しく弱め、価格の高騰や5G構築コストを引き上げることにつながる」と報告されている。

欧州の通信会社は、追加コストで620億ドルを支払うことになり、欧州は5G の展開に18ヶ月の遅れをとる可能性がでてきます。

スポンサーリンク

欧州が進化するには中国の力が必要?

ブルームバーグの報道によると、

ネットワーク機器を交換する必要性と他のモバイルデバイスの生産能力には限りがあるため、現在の展開計画を混乱させることになる。結果的に2025年までに、この遅れは欧州諸国と米国の5G普及率ギャップを15% 拡大するだろう。

GSMA は、モバイル通信業界における3つの主要な国際機関の1つであり、1987年に設立された。この協会には、世界中の218の国と地域に750以上のモバイル通信事業者と230以上の機器メーカーが加入している。

グループの広報担当は、「市場は広範な設備や技術を可能にするパートナーを選び、創造と競争を推進する必要があります」と強調した。

6月7日にフランスで開催された5Gサミットで、トラーパニ・アニエス Runacher (経済と金融のための国家長官) は「私たちには競争力と、研究開発に投資できる強力な企業が必要だ」と指摘している。

ファーウェイを「ブロック」するために、米国は緊急事態を宣言し、米国のサプライヤーからの購入を禁止するためにファーウェイを「Entity List」に追加する一方で、常にファーウェイを放棄するよう同盟国を威圧している。

それでも、ファーウェイは世界中で5Gの展開をすすめ、6月6日、世界30カ国で46件の5G商用契約を獲得したとプレスリリースし、5G 基地局が10万以上と世界の首位になった。

出典:新浪新聞の記事をもとに編集。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました