中国は最大のエネルギー投資市場

2019年5月18日、環球網の記事をもとに編集。

5月17日、ファティ・ビロル氏(国際エネルギー機関局長)は、第16回国際エネルギー機関の近日の報告より、

世界のエネルギー投資は2018年に1兆8000億米ドルに達し、そんななか中国は依然として世界最大のエネルギー投資市場となっていると述べた。

またビロル氏は、同日に開催された《クリーンパワー国際工学技術に関するハイエンドフォーラム2019》において、

「新しい石炭火力発電所の支出が減少するにつれて、中国のエネルギー投資は、低炭素の電力供給と供給網によってますます前に進んでいる」と述べた。

2018年末、中国の再生可能エネルギー発電は7億キロワットを突破し、そのうち水力発電、風力発電、太陽光発電は世界最高規模となっている。

一般に、中国の新エネルギー発電に必要な設備の大きさは全体の約 40% を占め、新エネルギーの発電量は総電力量の約 30%である。

同時に中国は世界最大のクリーンな石炭供給システムを構築しており、超低排出と省エネシステムの構築を経て、2014以来、石炭発電産業はSO₂、NOx、 すすの年間排出量は大幅に減少し、電力供給基準に対する石炭消費も著しく減少傾向となっている。

出典:環球網の記事をもとに編集。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました