中国の住宅価格が順調に上昇、その理由とは。

不動産

2019年5月16日、人民網の記事をもとに編集。

【要旨】僅かではあるが広範囲・多くの都市で住宅価格が上昇している。

スポンサーリンク

中国1~3級都市の住宅価格が成長

国家統計局は、2019年4月に大・中規模な都市70ヵ所で住宅販売の価格変動に関する統計データを公表した。

国立統計局の劉建偉氏 は、4月の1~3級都市の住宅販売価格が着実に上昇しているという彼のコラムで語った。

データによると、4月は70ヵ所のの大・中規模都市、うち67都市で新築住宅の価格が上昇した(前月比)。

4つの一級都市の新築住宅の売上は、前月比0.6%増加し、成長率が前月から 0.4% 上昇した。

その中で: 北京、上海、広州、深圳はそれぞれ 0.5%、0.3%、1.1%、0.4% 上昇。

中古住宅の売上は、前月比0.4%上昇、成長率は0.1%増えた。

その中で: 北京、上海、深圳はそれぞれ 0.6%、0.5%、1.1% 上昇し、広州は 0.4% 下落した。

劉建偉氏は、4月には、中国各地が一都市一政策を行い、地方自治体主体で責任をもって長期的な規制を実施していることで、不動産市場は安定し続けている、と語った。

一級都市の新築住宅・中古住宅の販売価格は、わずかに増加し、二級都市における新築住宅販売の価格上昇は増加する一方、中古住宅の増加は減少し、1~2都市の新築住宅及び中古住宅の販売価格は、前年比でわずかに増加した。

前月比について、

4月の二級都市(31ヵ所)では、新築住宅の販売価格は前年比 0.8%増、前月比 0.2% 増となった。中古住宅の販売価格は0.6%上昇し、成長率は0.6% の減少となった。

三級都市(35ヵ所)の新築住宅の売上は、前月比で0.5%上昇し、成長率は‐0.2%となった。中古住宅の販売価格は 0.6%増、成長率は0.1%増えた。

4月には、一級都市の新築住宅販売価格は前年比 4.7% 増加、前月比 0.5% 増、中古住宅販売価格は0.8%の上昇、拡大幅は0.3%増加した。

二級都市の新築および中古住宅の販売価格は前年比12.3%、前年比 8.3% 増加し、前月から 0.1%上昇した。 三級都市の新築住宅の販売価格は、前年比 11.3% 増加し、0.1% 増となった。中古住宅販売は 8.4%、先月と同程度上昇した。

出典:人民網の記事をもとに編集。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました