ファーウェイ、ロシア5G開発に合意

ファーウェイ問題

2019年6月6日、環球網の記事をもとに編集。

ファーウェイ(Huawei)は、習近平Xi Jinping氏とプーチン(Vladimir Putin)氏の間に立ち、ロシアの5G開発に合意した

・モスクワにて習近平国家主席とプーチン大統領が協業に合意

・ファーウェイ(Huawei)は通信インフラを開発するためにロシアの通信会社MTSと来年から協力する予定だ

スポンサーリンク

ファーウェイとMTS(ロシア)が共同開発

米国で安全保障上の脅威と考えられている中国のファーウェイ(Huawei)は6/5(水)にロシアで5Gを開発するために通信会社MTSと契約を結んだ。

モスクワで中国の習氏とロシアのプーチン大統領は、会議でこの合意に署名した。

MTSは声明の中で、

「今回の提携は、2019年~2020年にかけての5G技術の開発と第5世代ネットワークの試験的導入が見込まれる」と述べた。

声明の中で引用された、取締役会の副会長兼Huaweiの会長であるGuo Pingは、

「5Gのように戦略的に重要な分野における合意は、非常に喜ばしいことだ」と述べた。

トランプ政権が中国のスパイ行為を疑って、米企業がファーウェイにハイテク設備を販売することを禁止した5月から、中国の通信大手は大混乱に見舞われている。

専門家らは、米国の決定が、3ヵ月以内に強行するために、会社の生き残りを脅かすものであり、電話と米国産のチップは非常に大きな依存関係にあるという。

Googleを含む、世界中で大多数のスマートフォンにAndroidシステムを搭載している、いくつかの企業がHuaweiからすでに距離をとっている。

ファーウェイ(Huawei)は、英国の5Gネットワ​​ークに潜在的に関わることが政治的に敏感だということを証明しており、 テレサ・メイ(Theresa May)政権は、この問題について何の決定も下していないと主張している。

出典:环球网の記事をもとに編集。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました