中国の家賃は収入の30%、50都市の家賃ランキング

2019年5月31日、鳳凰網の記事をもとに編集。

【要旨①】中国で一人暮らしするならシェアハウスが無難

【要旨②】大都市で稼げばいいというわけでもない

スポンサーリンク

一級都市の家賃は収入の6割という現実

大都市は家賃が高くて部屋を借りるのが難しい。最も直接的な原因は、収入と家賃の比例関係が高すぎるということです。

もし一級都市である人が部屋ひとつを借りようと思ったら、家賃は収入の6割以上を占め、北京、上海、深圳だと9割以上にも達する、というレポートがある。百歩譲ってシェアハウスにしたとしても、一級都市の家賃は収入の3割にもなる。

これは、2019年4月の家賃データに基づいている。収入は統計局が交付した2018年住民の平均収入(都市および郊外)をもとにしている。

北京、深圳、三亜、上海の4都市の家賃収入比(収入に対する家賃の比率)はそのほかの都市よりもはるかに高く、90%以上にもなることがレポートで分かっている。三亜、アモイのような観光都市では、シェアハウスの家賃も比較的高くなる傾向にある。

家賃収入比が都市で生き残るストレスになっていて、一級都市ならそのストレスはなお計り知れない。二級都市であってもストレスが小さいとはいいがたく、杭州、大連、重慶、ハルピンのような都市でも家賃ランキングでトップ10に入っている。この2年、人材の奪い合いが激しかった成都や西安もそのあとに続く。

人材育成政策中のウーシー(無錫)、常州、そのほか経済発展に力を入れており、家賃収入比は比較的やさしい。一部屋借りるのに35%にもならず、シェアハウスだと15%にとどまる。

家賃収入比は 、ただ単に家賃の絶対値だけを見ればいいというわけではなく、収入の高さと関係があるわけでもない。

スポンサーリンク

家賃3,000元が判断の分かれ目

家賃収入比が最も高い10都市を見てみると、一級都市で高収入だからといって、家賃の高い物件の前で有利とはいえない。

家賃、収入の両方が高ければ、家賃を引いた後の可処分所得はどうしても少なくなってしまう。

家賃の水準からして、3,000元(およそ45,000円)が家賃水準の分かれ目になる。家賃が3,000元以上の都市は家賃収入比のトップ10の中で、比較的圧迫されやすくなっている。

家賃を差し引いた後の可処分所得ランキングにおいては経済が発展している三大都市はトップ5に入っており、パールリバーデルタ地区の中山、佛山、東莞の家賃ストレスは比較的小さい。

レポートでは25ヵ所のホットな一級、二級都市を取り上げ、家賃が収入の6割を占め、住民の平均可処分所得が4,000元であるところをもとにしたうえで、その都市も4種類に分類している。

幸いなことに、低収入なのに家賃が高いという都市はなく、二級都市の大部分は家賃が比較的低く、東北省会城市や蓉渝地区の収入は家賃が上がる速度にがんばって追いついているといえる。北京、上海、広州、深圳、杭州は、当然、高収入・高家賃という分類になっている。

出典:鳳凰網の記事をもとに編集。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました