中国は太平洋圏で勢力拡大しない、習近平氏

国際関係

2019年5月29日、South China Morning Postの記事をもとに編集。

【要旨】中国は太平洋圏での勢力拡大をしない予定だ。

「中国は太平洋の勢力圏を拡大するつもりはない」習近平氏。

バヌアツ首相のシャーロット・サルウェイ氏(Charlot Salwai)は、中国訪問中に中国の意志を確認した。

西洋で中国が力を持つこと対する欧州の不安を落ち着かせることはできるのか?

中国の習近平(Xi Jinping)国家主席は、太平洋地域の国々で影響力を拡大しないことをバヌアツの訪問首相に語りました。

中国側は太平洋諸国を含む発展途上国を支援すると表明しており、多くの人々は中国の融資を彼らの経済を発展させる最善の方法とみなしているようだ。

批評家たちは、中国のローンは国を債務という罠に導く可能性もあると指摘しているようだが、中国側はこれを否定している。

米国とオーストラリアは、中国の太平洋における役割の高まりに特に懸念を表明している。オーストラリアのスコットモリソン首相は来週ソロモン諸島を訪問する。

中国の外務省によると、習氏は北京の人民大会堂でバヌアツ首相のサルウェイ氏に会い、中国は太平洋諸島諸国との協力を強化するために誠意、結果、誠意を示した。

「私たちは島国に私的な利益を持たず、いわゆる自国の勢力圏を求めません」

「中国は常に信頼に値する友でありパートナーになります」と、彼は言った。

米国中国貿易戦争への加入

「大小、強弱、貧富を問わず、国々は国際社会の平等なメンバーです。」

詳細は明らかでないが、同省は声明の中で中国が「強欲主義者」に反対していると述べたとして、習氏を引き合いに出した。

習氏は、中国はバヌアツとの農業技術協力を深めたいと考えており、中国企業がバヌアツに投資するよう引き続き奨励すると述べた。

バヌアツと中国は昨年、中国がそこに恒久的な軍事施設を望んだという話題を否定した。

太平洋はまた、中国と台湾の競争領域でもあり、台湾もいくつかの島国との正式な外交関係を維持している。中国は、台湾を外交関係の権利がないわがままな地域と見なしている。

米国の政府関係者は先週金曜日に、台湾との外交関係を持っていた太平洋諸国は、北京が台湾の外交を減らすために「重い」施策を起こしたとしても外交を維持するべきであると言った。

出典:South China Morning Postの記事をもとに編集。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました