ファーウェイ問題、ヨーロッパにチャンス?

ファーウェイ問題
CHENG YU / CHEN MEILING / LUハオティング チャイナデイリー
更新: 2019年5月29日、チャイナデイリーをもとに編集。
  • 【要旨】ヨーロッパ諸国で、中国企業がますます影響力をもつようになっている。
スポンサーリンク

ヨーロッパで増す、中国企業の存在感

ファーウェイ(Huawei)のような大企業に対する米国政府の規制は、ヨーロッパに大きなチャンスを与えるのではないかと、業界関係者は語る。

イギリスやその他欧州諸国のテクノロジー企業は、依然として中国と相乗的なビジネス関係を築いています。

チャイナデイリー(China Daily)の独占インタビューで、

「英国の5G開発にはファーウェイの協力が必要です。英国政府は、政治的な力ではなくファーウェイのメリットを考えてものごとを決める必要があります。」

「テクノロジーは世界秩序を再構築しており、世界の舞台で自らの位置を変えるための決定的要因となっています。」

と、ロンドンの市長特別顧問でもあるマクリーン(McLean)は言った。

「米国は世界の自由貿易に影響を与えるために政治的権力を利用している。本当の目的は関税だけではなく、中国に貿易戦争で何かを強いるというもっと大きなことである。中国を含む急成長中の国々からの技術的課題の高まりと彼は付け加えた。

彼は、いかなる当事者も自由な顧客の選択に害を及ぼすべきではないと述べた。

「それが企業や顧客に作用するならば、皆のためであるべきです。」

「中国とヨーロッパの間の経済協力は大きな可能性を秘めている。技術、教育、ヘルスケアなどの分野で大きなチャンスが生まれるのを待っています。」

とマクリーン(McLean)は続けた。

彼の言葉は、中国と米国、世界の2大経済大国が過去1年間の貿易対立を引き起こしたからこそ生まれたもの。

ワシントンはまた、ファーウェイ(Huawei)を含む中国のハイテク企業をEntity Listに追加することで緊張を強めている。

「現在の米中貿易戦争で最悪なのは、世界経済に不透明感をもたらしていることに他なりません。」と、デジタルとインターネットの協力を促進するブリュッセルの国際協会、ルイジ・ガンバルデッラ、会長は述べました。

Gambardella氏によると、米国のグローバル企業は、中国の下請け業者や顧客との取引が妨げられると、深刻な被害を受ける可能性が高いという。

「AppleやMicrosoftのような企業について考えてみましょう。国際化が振り出しに戻ると、どうなるでしょうか。」 彼が追加した。

McLeanとGambardellaは、中国とヨーロッパが主要な新興分野で協力することに、大きな可能性が秘められていると示唆した。

スポンサーリンク

デジタル化に不可欠の中国ハイテク企業

「中国とヨーロッパのビッグデータに関する協力は有望であり、双方は共同でより良いグローバルデジタルコミュニティを構築するべきです」とGambardellaは付け加えた。

「物流チェーン、輸送、生産は、デジタル化によって大幅に向上させることができます。」

通信業界団体のInformation Consumption Allianceの局長、Xiang Ligangは、中国企業はヨーロッパを重視しており、ファーウェイ(Huawei)は、ヨーロッパ14カ国に23の研究開発センターを設立したと述べている。

出典:チャイナデイリーをもとに編集。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました